メニュー

閉じる

千茶荘は昭和14年(1939年)茶処・松江の地において創業し、 お茶通の松江の人々に愛され80有余年となるブランドです。

  1. TOP
  2. 茶葉
  3. 抹茶入り煎茶

千茶荘 抹茶入り煎茶 玉露白折

品番:2
お茶の葉を低温で長時間乾燥した、コクのあるまろやかな味わい。鮮やかな緑色をした玉露風味のお茶です。
100g
150g
販売価格:
993円(税込) 円(税込)
(送料無料)
  • ~ 5 袋まで
    メール便OK
    ~ 3 袋まで
    メール便OK
  • 5,400円以上
    送料無料

メール便:全国一律 203円

ゆうパック:660円〜 。送料表はこちらです。

お支払い方法:
クレジットカード

コンビニ(前払い)

Amazon Pay

商品説明

抹茶をブレンドした、千茶荘オリジナルの味わい

良質な茎茶を主体とし低温で長時間ほいろして、これに玉露とお抹茶を配合しました。
新鮮な香りとソフトで上品な味わいをご賞味下さい。

  • 千茶荘が誇る抹茶入り煎茶の中でも、特別に使用する玉露を厳選し、丁寧に製茶しました。

    商品特徴
    ・抹茶入り
    ・玉露のようなまろやかな味。青味のある味
    ・玉露と煎茶の茎を主体に、上質な煎茶を配合
    ・綺麗な水色

  • この商品は美容と健康にも優れた効果があります。煎茶や抹茶には、豊富なカテキンやビタミンが含まれており、その抗酸化作用や免疫力アップ効果は注目されています。毎日の飲用で、美しい肌や健康をサポートしてくれることでしょう。

    さらに、この抹茶入り煎茶は、さまざまなシーンで活躍します。朝の目覚めや仕事の合間に、リラックスタイムを取りながらゆっくりと味わうこともできますし、お客様を招いてのおもてなしにもぴったりです。心地よい香りと上品な味わいは、いつでも特別なひとときを演出してくれることでしょう。

原材料名 緑茶(国産)、抹茶、固形茶(粉末緑茶、澱粉、青海苔)/調味料(アミノ酸等)
原産地 国産
保存方法 高温・多湿を避け、移り香にご注意ください。
お茶は鮮度が大切です。開封後は封をしっかりと閉じてください。
製造者 〒690-8611 島根県松江市矢田町250-98
株式会社 千茶荘

◎ おいしいお茶の淹れ方

茶葉とお湯の適量

5g / 200ml ※抹茶入り煎茶に平均的な数値

淹れるときの最適温度

70~80※抹茶入り煎茶に平均的な数値

浸出時間

約30秒〜1分ほど

抹茶に近い深い緑色

抹茶入り煎茶の種類や淹れ方などにより色の差がありますが、水色(注:お茶の色)は抹茶に近い深い緑色が特徴です。

抹茶を配合した柔らかな香り

茎茶を主体として茶葉を強めに焙炉(ほいろ)して甘味を強め、柔らかな香りが立つように抹茶を配合しています。

  • 1
  • 2
  • 3

茶器と淹れ方のポイント

1)沸騰させた湯を茶碗に入れ温め、 (こうすることで・茶碗を温める・湯量を測る・湯冷ましをすることができます。) 茶葉を急須に入れ、
2)1)で湯冷ましした茶碗の湯を急須に入れ、約30秒〜1分ほど蒸らす。
3)温めておいた茶碗に茶を濃さを均一にする為1.2.3.3.2.1と回して注ぎます。

◎ 暑い季節におすすめ冷茶の作り方

暑い季節に飲む冷たいお茶は、私たちのからだの隅々にまで涼を運んでくれ、ほっと一息つかせてくれます。

お湯で淹れたお茶を冷やした「冷茶」は、お湯で淹れることで緑茶のもつカフェインやタンニン、茶カテキンの一種であるエピガロカテキンガレート(EGCG)が溶け出しているので、温かい緑茶の風味をそのまま生かしたお茶を楽しめます。
お仕事や勉強の合間のリフレッシュタイムや、朝起きてシャキッとしたい時などにもぴったり。

その時の気分やシーンによって、お湯出ししたお茶かを飲み分けるのも楽しいですよ。

夏も緑茶を満喫してくださいねー!

  1. 急須に茶葉 5gを入れます。
  2. 150mlほどの熱湯を注ぎ、1分ほど待ちます。
  3. 氷をたっぷり入れたグラスに注ぎます。
    ※いつも飲んでいる温かい緑茶の淹れ方と基本的には同じですが、茶葉を気持ち多めにしたりお湯の量を少なくしたり、抽出時間を少し長めにして、いつもより濃い目に出すのがポイント。

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています

内容量
100g
150g
TOPへ